雑学

朝のルーティンでやってはいけないこと5選【を学んだので書きます】

朝にやってはいけないルーティン5選

というものを学んだので、自分用に記事にしてみます。

 

誰の役に立つのかと言えば、こんな方です。

  • 朝のルーティンを検討中の方
  • 朝の時間を効率的に使いたい方
  • 朝が苦手だなという方

当てはまる方は必見の内容かと思います。

 

朝やってはいけないこと5選

※なお、今回の知識もろもろは以下の動画様から学びました。内容もほとんど動画様の内容と同じです。たぶん、動画の方がわかりやすいと思います。

※動画は、テンポよく話してて面白く、「お堅い内容」とは遠くかけ離れています。

 

起きてから3時間を活用しない(しろ)

起きてから3時間の間は、なんか素晴らしい時間です。

例えば、AM7:00に起きたら、AM10:00までの時間ということです。

 

この「起きてから3時間」の間は、なぜだか、昨日めんどくさく感じた作業とかもなんなくこなせちゃう、魔法の時間なんです。

 

そもそも人間は、

  • 午前中は論理的思考をする時間
  • 午後は、感情的思考をする時間

なんです。

 

なので、午前中に勉強や仕事を終わらせて、午後は趣味をしてみる、なんて時間の使い方をしたほうがいいんですね。

学校の授業とかも、午前中に半分以上の授業を終わらせますもんね。

 

また、午前中は作業興奮が発動しやすい時間のようです。

※作業興奮…行動してからやる気が出てくるあの現象のこと

ふむ、これは為になりますね。

 

朝起きても水を飲まない(飲め)

朝起きたら、とりあえず水を飲んでおいた方がいいそうです。

 

というのも、水を飲むと、腸が活性化されて、体が起きるモードになるそうで。

体を起こすための水なんですね。

 

体が起きてない状態で何か食べたら、体がびっくりしちゃいますよね。

何か食べるためにも、とりあえず水ということです。

 

また、冷たい水は目を覚まし、吸収効率も高いですが、胃腸への負担も上がるので、水温は好みの温度に調整しましょう。

なんでもいいから早く目覚めたい!という方は冷たい水を。

少しずつ、負荷が少なくて済むように目覚めたい!という方は白湯がいいです。

 

1日の予定を立てない(立てろ)

朝に1日の予定を立てると、その日1日がとても有意義な日になります。

 

○時~○時はこれをやる。

…みたいな具合に、箇条書きで簡単にその日の予定を立てちゃいましょう。

 

これをやるのとやらないのとでは、1日が終わるときがなんか違います。

予定を立てていれば、今日1日頑張ったなぁみたいになれますが、予定を立てていなければ、今日もなんかダラダラすごしちゃったなぁ、となります。

 

箇条書きした予定をクリアしていく達成感は、なんか気持ちのいいものです。

なにかに予定を書いておかなければ味わえない、達成感があります。

 

1日ダラダラしていても、疲れてしまうだけなので、朝起きたら1日の予定を書き出してクリアしていきましょう。

 

起きると決めた時間の7~8時間前に寝ない(寝ろ)

朝起きるのが苦手な人に朗報です。

起きると決めた時間の、だいたい7~8時間前に寝ると、スムーズに起きれちゃうらしいですよ。

 

例えば、朝7時に起きると決めたら、23時~24時くらいに寝ちゃうということですね。

 

え、寝るの早すぎない?と思うかもしれませんが、よく考えてみてください。

  • 寝る前のスマホの時間、無駄じゃないですか?
  • 寝る前の作業、早起きして朝にこなした方が、なんかスムーズにできそうじゃないですか?

 

また、アラームも設定しない方がいいそうですよ。

アラームは体を無理やり起こすものですよね。

朝が強い人は、アラームを設定せず、自分の気持ちいいタイミングで起きるんですね。

 

アラームを使わずにこの時間に起きる!というのは、繰り返せばできるようになります。

(僕も練習して、だいたい7時~8時にアラームなしで起きれるくらいにはなれました。)

どうしてもこの時間に起きなければ、という事でない限りは、アラームは設定せず起きてみましょう。

 

起きても日光を浴びない(浴びろ)

朝起きたら、何が何でも日光を浴びたほうがいいですよ。

起きただけでは体は起きません。日光で初めて体は起きてきます。

 

よく考えてみれば、電気が使えるようになったのって、人類史では超最近のことですよね。

電気の時代よりも、日光を浴びて「お、朝だな」と判断してた時代の方が、途方もなく長いわけです。

 

つまり、人間の体は

日光を浴びる=朝だ。

と判断するようにできているんですね。

 

「あ、電気の光だ」といって起きることはないです。まだ人間の体はそんなに電気の光に順応していません。

朝起きたら、日光を浴びましょう。そうすれば体も起きてきますよ。

 

 

~~~

 

以上です。いかがだったでしょうか。

まとめるとこうです。

 

  1. 起きてから3時間を有効活用しよう
  2. 起きたら水を飲もう
  3. 朝のうちに1日の予定を簡単に書いちゃおう
  4. 起きると決めた時間の7~8時間前に寝よう
  5. 体を起こしたいなら日光を浴びよう

 

たぶん、これを知ってから実際に実行する人は、10%くらいの人なので、ぜひやってみてください。

朝が苦手な家族や友人に朝強いぞマウントがとれますよ。

 

実際、ひとつでもやってみると、なんか朝が違います。

僕は違いました。朝からイキイキできました。

 

改めて、今回内容を参考にさせていただいた動画様を乗せておきますね。

改めてみると、おぉそういうことね、と納得できます。

最初の1分だけ見るのでもオススメです。

(この人の動画好きだ…(笑))

 

では、今回はこの辺で。

またね ノシ